成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト
成長期に身長伸ばす対策完全攻略サイト
成長期の過ごし方が肝心!身長伸ばす対策かんぺきガイド
もうみんなが始めている 伸張伸ばす方法まとめ
おすすめサプリを比較しました
成長期に背を伸ばすための3つのキーワード
身長が伸びたのはいつ?みんなの成長体験談

運動・スポーツ

身長伸ばす運動をどんどん取り入れよう!成長期の子どもたちは活発に動き回る年頃であり、部活やその他のスポーツ、体を鍛えることに夢中になる時期でもあります。スポーツや体を動かすことが、子どもの骨格や筋肉の成長にどのような影響を与えるのか、詳しく考えてみましょう。

成長期の子どもに向いている運動法や、逆にNGな運動法についても解説します。

「運動すると身長が伸びない」はウソ

「骨が急激に成長する時期に激しいスポーツをすると、身長が伸びない」という通説がありますね。この説には、一部間違っている部分と当たっている部分とがあります。

身長伸ばす運動をどんどん取り入れよう!子どもの身体の発育を促す成長ホルモンが、最も多く分泌されるのは睡眠中ですが、その次に多く分泌されるのは、運動中と運動後だと言われているのです。

要するに、子どもの身体の成長には、適切な運動が欠かせないということ。上手に運動を行なえば、成長ホルモンの分泌を促し、身長がドンドン伸びるというわけです。

ただし、成長期のスポーツには“適切な”という言葉がつきもの。筋肉の一部にだけ負担をかける運動や、激しすぎる運動は、骨の成長を妨げることがあります。

それでは、適切な運動とNGな運動とはどのようなものなのか、例をあげてご紹介しましょう。

身長伸ばすための適切な運動法

子供の成長を促すための運動=体を伸ばす運動子供の成長を促すための適切な運動は、主に体を伸ばす運動だと言われています。

主なものをあげると、ストレッチや水泳など。さらに、身体を縦方向に刺激する、ジャンプする動きが多いスポーツもおすすめです。

ジョギングやなわとびなどは簡単にできますし、球技ならバスケットボールやバレーボールなどもいいですね。

子供の成長を促すための運動=体を伸ばす運動筋力アップのトレーニングを行うときは、腹筋だけとか腕立てだけ、など、一部の筋肉だけを鍛えるのではなく、体全体を万遍なくトレーニングすることが大切。上半身も下半身も同じ頻度でトレーニングするようにしましょう。

その際は、ダンベルやチューブなどを使うと激しい運動になってしまう恐れがあるので、負荷はかけずに行ってください。

成長期にはNGな運動法

成長期にはNGな運動法これまでご説明しているように、一部の筋肉にだけ負荷を与えるようなトレーニングは、成長期のお子さんには向きません。

同じ箇所の筋肉を激しく鍛えてしまうと、成長ホルモンが筋肉を増強することだけに使われてしまい、身長が伸びないことが多いとされているからです。

体操選手などに小柄な方が多いのは、そのせいだと言われています。スポーツジムのマシントレーニングや、ダンベル、重りなどを使用した筋力トレーニングは避けた方が無難でしょう。

さらに、筋肉トレーニング以外の運動を行っている場合でも、運動後に疲れ切って動けなくなったり筋肉痛になるほどの激しい運動は、疲労回復のためだけに成長ホルモンが使われてしまうので、避けた方がよいでしょう。

紙
HGHデルタバランス
(リバースフィールド)
HGHデルタバランス(リバースフィールド)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 9,396円/252g
詳細はこちら
紙
カラダアルファ(α)
(RSLジャパン)
カラダアルファ(α)(RSLジャパン)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 4,080円/300粒入り
詳細はこちら
紙
Dr.セノビル
(エメラルドオーション・トレーディング)
Dr.セノビル(エメラルドオーション・トレーディング)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 19,600円/30袋入り
成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト