成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト
成長期に身長伸ばす対策完全攻略サイト
成長期の過ごし方が肝心!身長伸ばす対策かんぺきガイド
もうみんなが始めている 伸張伸ばす方法まとめ
おすすめサプリを比較しました
成長期に背を伸ばすための3つのキーワード
身長が伸びたのはいつ?みんなの成長体験談
HOME » 成長期に背を伸ばすための3つのキーワード » 骨端線(こつたんせん)

骨端線(こつたんせん)

成長期の子供の骨にしか存在しないという骨端線(こつたんせん)。この骨端線こそが、骨が伸びる場所であり、身長が伸びる時期や子供の成長具合を左右する最も重要なポイントと言えます。

この部分に、どのように働きかければ、上手に成長を促すことができるのかを考えてみましょう。そもそも、骨端線とは何か、子供の骨が成長する仕組みなどについても解説していきます。

骨端線とはなに?どこにあるの?

 骨端線とは人間が、生まれたばかりの赤ちゃんから大人の身体と成長していく過程で、劇的な変化が起こるのは骨格です。身長が伸びるということは、骨が成長することを意味しているからです。

人間の骨格の中でも、最も大きく変化するのは太ももの大腿骨や、すねの部分の脛骨など、長骨と呼ばれる部分。この長骨が伸びることで身長が変化していくわけです。

成長期の子供の大腿骨などをレントゲンで撮影すると、長骨の先端部分、関節に近いところに点線のように見える隙間が空いているのが分かります。この隙間の部分を骨端線(こつたんせん)と呼び、間に軟骨のような組織が詰まっているそうです。

身長が伸びる時期=骨が伸びる成長期=骨端線が増殖する年齢

骨端線があるうちにぐんぐん身長を伸ばそう!骨端線の間の軟骨組織は、成長ホルモンからの指令を受け、栄養素を取り込むことで、どんどん増殖していきます。

増えた軟骨組織は隙間を押し広げながら少しずつ硬い骨組織へと変化していき、結果として長骨全体の長さを伸ばし、身長が伸びていくというわけです。

身長が伸びる時期に子供の身長をもっと効率よく伸ばしたければ、長骨などの先端部分にある、骨端線の軟骨組織をどんどん増殖させればよいのです。

軟骨組織を増やすよう成長ホルモンを活発化させ、軟骨組織を作り出すための栄養素を積極的に摂取することが大切です。

骨端線は年齢と共に閉じてしまう

骨の成長を司る骨端線は、永遠に活動し続けるわけではありません。

成長と共に閉じてしまう骨端線一般的に、身長が大きく伸びる第二次性徴期の10歳~17歳ぐらいの間しか、骨端線は現れないと言われています。成長期が終わると、骨端線の間に詰まっていた軟骨組織は硬い骨の組織へとすべて変化し、骨端線は閉じて跡形もなくなってしまいます。

骨端線が閉じてしまうと、それ以上身長が大きく伸びることはほとんどありません。骨端線の消失は、成長期が終わったことを意味するのです。 

重要なのは、身長が伸びる時期にどれだけ骨端線にある軟骨組織を増殖させるかです。成長ホルモンを増やし、骨を作る栄養素をたくさん摂ることがカギとなりますので、お子さんをよりすくすく成長させられる環境を作ってあげてくださいね。

紙
HGHデルタバランス
(リバースフィールド)
HGHデルタバランス(リバースフィールド)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 9,396円/252g
詳細はこちら
紙
カラダアルファ(α)
(RSLジャパン)
カラダアルファ(α)(RSLジャパン)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 4,080円/300粒入り
詳細はこちら
紙
Dr.セノビル
(エメラルドオーション・トレーディング)
Dr.セノビル(エメラルドオーション・トレーディング)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 19,600円/30袋入り
成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト