成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト
成長期に身長伸ばす対策完全攻略サイト
成長期の過ごし方が肝心!身長伸ばす対策かんぺきガイド
もうみんなが始めている 伸張伸ばす方法まとめ
おすすめサプリを比較しました
成長期に背を伸ばすための3つのキーワード
身長が伸びたのはいつ?みんなの成長体験談

成長ホルモン

子どもの身体の成長を担っているのは、成長ホルモン。言葉として聞いたことはあっても、どのような性質を持っているのか、詳しくご存じの方は少ないはず。成長ホルモンとは、どのような働きを持っていて、どんな仕組みで身体の成長を促すのでしょう。詳しく解説していくことにします。

成長ホルモンが成長と代謝をコントロール

成長ホルモンが成長と代謝をコントロール人間の体内では、様々な種類のホルモンが分泌されていますが、その中でも、身体の成長と代謝を司っているのが、成長ホルモンです。骨や筋肉を成長させ、タンパク質や炭水化物、脂質などの代謝を促進させます。血糖値を一定に保ったり、身体の恒常性を維持しているのも、成長ホルモンの作用のなのだとか。

成長ホルモンは、たくさんの種類のアミノ酸からできていて、脳の視床下部(脳下垂体)という部分から分泌されると言われています。

分泌された成長ホルモンは、肝臓に働きかけ、ソマトメジンCと呼ばれる成長因子を分泌されます。実際に身体の各器官で作用するのは、この成長因子です。

成長因子が働きかけると骨が伸びる!!

成長ホルモンが成長と代謝をコントロール成長ホルモンの作用によって肝臓から分泌された成長因子は、骨の先端部分にある骨端線(こつたんせん)や筋肉に働きかけて、成長を促します。

成長因子からの指令を受けると、骨端線では軟骨細胞が分裂や増殖を繰り返して、骨を伸ばしていきます。同時に、筋肉でもアミノ酸をドンドン取り込んで、タンパク質を合成し筋肉を作り出して行くのです。

何らかの原因で成長ホルモンの分泌が少ないと、低身長になってしまうことがありますし、分泌が過剰な場合、骨の成長完了前なら巨人症、完成後なら末端肥大症を引き起こすと言われています。 

寝る子は育つ…は本当!十分な睡眠が成長ホルモンの分泌を促す

寝る子は育つ…は本当!十分な睡眠が成長ホルモンの分泌を促す成長ホルモンの分泌を活発にさせれば、子供の身長を伸ばすことができるのでは、と考えるのは当然の事。成長ホルモンをより活発に分泌させるためには、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

最も重要なポイントは、子供の睡眠時間にあります。

昔から“寝る子は育つ”とよく言われているように、成長ホルモンのほとんどは寝ている間に分泌されるそうです。

眠りに入ってから2時間くらいの深い眠りの時にたくさん分泌されると言われているそうですが、生活習慣が乱れたりして睡眠が浅くなってしまうと、成長ホルモンが安定して分泌されなくなってしまいます。

時間帯としては、深夜12時くらいをピークとして分泌されるようなので、夜更かしが習慣となってしまっているお子さんは、早寝早起きの生活へとシフトすることが、心身の成長を促すポイントとなるのです。

紙
HGHデルタバランス
(リバースフィールド)
HGHデルタバランス(リバースフィールド)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 9,396円/252g
詳細はこちら
紙
カラダアルファ(α)
(RSLジャパン)
カラダアルファ(α)(RSLジャパン)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 4,080円/300粒入り
詳細はこちら
紙
Dr.セノビル
(エメラルドオーション・トレーディング)
Dr.セノビル(エメラルドオーション・トレーディング)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 19,600円/30袋入り
成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト