成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト
成長期に身長伸ばす対策完全攻略サイト
成長期の過ごし方が肝心!身長伸ばす対策かんぺきガイド
もうみんなが始めている 伸張伸ばす方法まとめ
おすすめサプリを比較しました
成長期に背を伸ばすための3つのキーワード
身長が伸びたのはいつ?みんなの成長体験談

骨をつくる栄養素

背を伸ばす栄養素というと、骨を作る元となるカルシウムをイメージする人が多いはず。しかし、骨や筋肉を作り、子供の成長を助けてくれる栄養素はカルシウムだけではありません。

ここでは、骨の成長を促し、背を伸ばすためのポイントを栄養の面から考えてみましょう。

カルシウムだけではない!背を伸ばす栄養素まとめ

人間の骨を作るベースとなっているのは、カルシウムではありません。肉や魚などに含まれるタンパク質が元となり、そこへカルシウムやリンが付着することで硬い骨が作られるのです。

カルシウムは骨を作るために必要な物質ではありますが、それ以外にも、これらの成分を摂る必要があります。

絶対に摂っておきたい背を伸ばす栄養素 

  • リン…土台となるタンパク質やカルシウムと一緒に骨を作る
  • マグネシウム…骨の強さやしなやかさを調整する栄養素。カルシウムが硬い骨を作るのと同時に、骨を維持するためのマグネシウムセットで摂る必要あり。カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で取ることが推奨されている。
  • ビタミンD…豚肉などに含まれる栄養素で、小腸でカルシウムの吸収を促す効果が期待できる。
  • ビタミンK…骨のベースとなるタンパク質にカルシウムを付着させる効果を高める。

カルシウムはもちろん背を伸ばす栄養素もバランスよく摂りましょうこのように、様々な栄養素が骨を作り上げています。背を伸ばす栄養素のうち、ひとつでも欠けていると丈夫な骨が作られませんし、効率よく背を伸ばすこともできません。

硬い骨を作り出す働きを持つカルシウムは、積極的に体内へ取り込みたいもの。しかし、牛乳や小魚を毎日大量に摂取したからといって、すべてがきちんと吸収され、骨となっているわけではありません。

せっかくたくさんの牛乳を飲んでも、カルシウムが身体に吸収されずにそのまま体外へ排出されてしまうのではもったいない!

できるだけ多くのカルシウムを取り込み、骨へと変換するためにも、身体への吸収を高める栄養素を一緒に摂っていきましょう。

バランスの良い食事が骨と身体をつくる

バランスの良い食事が骨と身体をつくる成長期の身体を支え、大きく成長させるためには、カルシウムだけを摂取しても意味がありません。

あらゆる食材、サプリメントを駆使して、多彩な背を伸ばす栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

骨の成長に必要とされている栄養素と、それを含む食品の例をご紹介しますので、毎日の食事メニューの参考にしてみてくださいね。

タンパク質が多い食品

肉類
魚類

豆類(豆腐・納豆など)
乳製品(チーズ・牛乳など)

カルシウムが多い食品

乳製品(牛乳・チーズなど)
海藻・小魚(わかめ・しらすなど)
大豆(豆腐・納豆など)
野菜(小松菜・切り干し大根・大根葉・ほうれん草など) 

マグネシウムが多い食品

牡蠣
アーモンド
ほうれん草
大豆、インゲン豆、落花生
木綿豆腐 

日常の食事の中で、以上のような食品をバランスよく摂取することが大切になります。

しかし、好き嫌いが激しいお子さんや、毎日の食事のすべてに気を使うことが難しい場合は、サプリメントや栄養補助食品を取り入れることもおすすめです。

紙
HGHデルタバランス
(リバースフィールド)
HGHデルタバランス(リバースフィールド)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 9,396円/252g
詳細はこちら
紙
カラダアルファ(α)
(RSLジャパン)
カラダアルファ(α)(RSLジャパン)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 4,080円/300粒入り
詳細はこちら
紙
Dr.セノビル
(エメラルドオーション・トレーディング)
Dr.セノビル(エメラルドオーション・トレーディング)
安全性
飲みやすさ
栄養素の質
価格 19,600円/30袋入り
成長期に身長伸ばす対策 完全攻略サイト